『眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても〜』3話ネタバレ

『眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ』3話ネタバレ

 

 

画像タップで読んでみる

 

 

「眠るあの子にハメてみた。?入れてもイっても起きないんだもんっ」3話ネタバレ

 

3話ネタバレ 「寝ているあの子にナマで中出し」

 

ベットでスヤスヤ眠っている愛実。

 

その無防備な姿を見ていると、

 

叶多は
イタズラしたくなる。

 

貧乳おっぱいを揉んでみたり、

 

ちっちゃな乳首をなめてみたりする。

 

さすがに起きるかな?

 

と思ったら、その気配は全然はない。

 

だったら、、、

 

アソコも、、

 

愛実が起きるまで
イタズラしていると、

 

叶多の気持ちも高ぶってくる。

 

ついには、眠るあの子にアレを挿入、、、

 

「これは…流石に」

 

「目が覚めるよね?」

 

ぐぷっ

 

「いぅっ…」

 

ちょっと罪悪感を感じつつ、奥までハメる。

 

喘ぎ声は出すものの、、

 

「ん…ふぅ」

 

「はぁ」

 

あれ?
起きない、、

 

眠りながらの喘ぎ声ってエロイ、、

 

初めてアレを入れられ、とても苦しそうにしている愛実。

 

これで起きないとか、マジか?

 

ちょっと驚きながらも、
行為を続行。

 

眠るあの子と、生ハメセッ○スを始める。

 

すると、、

 

「か…なた…」

 

ようやく、目を覚ました?

 

名前を呼ばれて、中断する叶多。

 

さすがにやりすぎだよね?

 

行為がかなり進んでいるので、バレたらどうなるか、、

 

しかし、愛実は寝言で彼の名前を呼んでいる。

 

このタイミングで、名前呼んでくるって、、

 

まるでセックス求めてるみたい、、

 

ふざけ半分で、やっていたけれど、

 

性欲スイッチがオンになった彼は、、

 

「そんなことされたら、」

 

「止められなくなるじゃん」

 

眠るあの子に激しいセックスをお見舞い。

 

「ふぁ…」

 

「んぁ…」

 

ビクッ

 

寝ているくせに、

 

体をビクつかせて、喘ぎ声をあげてくる。

 

この子、マジやばい!
すごく興奮している叶多は、

 

無防備な眠る愛実を突きまくる。

 

ぐっちゃ

 

ぐっちゃ

 

「はぁ、はぁ」

 

「あっ、あうぅ…」

 

「あぁ…俺…今…愛実とセックスしてる…」

 

すごく気持ちよくなってきた叶多は、、、

 

 

今回の「眠る愛実にハメてみた。」はここまで。

 

次回もお楽しみに♪

 

 

3話はかなりエロイ!「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」

 

jyomの「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」3話は、本格的にエロかった。

 

眠る彼女の喘ぎ声ってすごいよね。

 

まるで起きてるかのような反応は必見♪

 

ハッキリ言って、体は貧相だけど、

 

あのエロさを持っているなら、全然関係ないと思う。

 

ってか、あれはあれでそそられるかも。

 

「眠る愛実にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」3話ネタバレで、

 

本格的になってきたので、
次のストーリーも読みたくなる。

 

たぶん、ここを読んじゃったら、続きを読まずには入られないですよね。

 

 

「眠るあの子にハメてみた。」3話ダウンロード