『眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ』2話ネタバレ

『眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ』2話ネタバレ

ネタバレ前に試し読みもok!

 

「眠るあの子にハメてみた」
試し読みはコチラ

 

「眠るあの子にハメてみた」と入力

 

「眠るあの子にハメてみた。?入れてもイっても起きないんだもんっ」2話ネタバレ

 

2話タイトル 「起きないなら、チンコ挿れていい?」

 

朝起こしてくれる人がいないから、

 

泊まりに来てと愛実に言われる。

 

これじゃあ誘ってるようなものですが、

 

無自覚の愛実は、気付いていない。

 

とくに、女として意識もしていなかった叶多は、

 

泊まりに行くのです。

 

風呂からあがってきた愛実が彼に近付いてくる。

 

何やってるの?

 

そう言って、叶多の膝に貧乳おっぱいをくっつけてくる。

 

胸ついてるんだけど…

 

まったく無防備にも程がある愛実ですが、

 

さらに、服の上から乳首が丸見え…

 

「愛実…」

 

「おっぱい見えてる」

 

さすがにこれは注意すると、

 

顔を赤らめて、恥ずかしがる愛実。

 

いくら無防備なあの子でも、乳首が丸見えとなると、あたふた…

 

ここのシーンカワイイ!

 

「眠るあの子にハメてみた」オトナ漫画の無料試し読み

 

男である叶多も、

 

気まずそうに風呂へ向かう。

 

さっきの件もそうだけど、
あざとい計算だよね?と思うぐらいのことをやってくるので、

 

ラッキースケベをやりつくしたとあきれ顔。

 

なんて贅沢なやつなんだっ!この青年、、

 

風呂からあがって部屋へ戻ると、愛実の姿はない。

 

さすがにおっぱいを見られるのは恥ずかしかったのか、

 

自分の部屋でドギマギしているのだろう、、

 

 

と思いきや、スヤスヤ眠る??

 

なんかいちいち可愛い愛実は、

 

またもや無防備な格好で眠っていたのです。

 

パンツがアソコにピタッと付いていて、

 

形がくっきり見えるほど。

 

いくら無防備な眠る姿とはいえ、イタズラしたくなる叶多。

 

どこまでやれば目覚めるのか試すのです。

 

まずは、ちっちゃな胸元からイじってみる。

 

すると、あえぎ声のようなものを出すが、眠ったままの彼女。

 

つづけてシャツを脱がせて、乳首をイじくる。

 

今度は感じたのか、

 

あえぎ声を出しつつ、びくんと反応。

 

さっきよりも体を揺さぶるので、これは起きるかもと思っていると、

 

まだ眠る状態。

 

なかなか起きない愛実ですが、

 

それをいいことに叶多の行為は、度を越えるようになる。

 

おっぱいで起きないなら、アソコはどうだ?
と、イじくり倒す。

 

おっぱいと同じく、
ちっちゃなアソコをつまんでみたり、なめ回していくと、、、

 

 

 

「眠るあの子にハメてみた」オトナ漫画の無料試し読み

 

 

 

「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」2話ネタバレはここまでです。

 

次回の「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」で、どうなるのか

 

2話は地味にエロイ!「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」

 

眠るあの子がセクシーではないけれど、

 

無自覚で無防備というのがあんなにエロイんだと新発見です。

 

つい見た目だけで、エロさを求めてしまいますが、

 

眠るあの子のようなタイプもありだと思います。

 

貧乳の魅力がよく分からなかったけど、これを機にブームがきそう!?

 

「眠るあの子にハメてみた。〜入れてもイっても起きないんだもんっ」2話では、

 

愛実にちょっかいを出す場面があり、地味にエロイ回になってます。

 

普通だったら目覚めちゃうようなことにも気付いていないので、

 

あれだったら、最後まで持ってけちゃいそう!